おりものの基礎|おりものが臭いを発する原因と対策方法について

おりものが臭いを発する原因と対策方法について

おりものの基礎

笑顔の女性

おりものは身体を正常に形成するうえで欠かせないものです。その主成分は膣からの分泌物や古い細胞であるとされています。古い細胞は、子宮や膣からはがれたものが含まれています。おりものは、基本的には無色です。色の幅は透明から白であり、粘り気があるのが特徴です。臭いについては発生する場合としない場合に分かれます。通常、月経の前後や排卵日に関しては臭いがするとされています。その周辺には量が増えるためです。その一方で、それ以外のケースでは臭いは気にならない程度でしかないということが一般的です。臭いが気になる方は、こういった通常のケースを押さえておくことで異常かどうかの判断材料となるのではないでしょうか。
では、おりものが身体に与える影響について細かく見てみましょう。おりものが持っている作用の一つに自浄作用というものがあります。おりものの働きにより、膣内で様々な菌が繁殖してしまうことを防いでくれます。また、受精の助長という観点でもおりものは欠かせません。おりものにより精子が保護され、卵子へとたどり着く確率を上げてくれるのです。
また、おりものの量は年齢と密接な関係があります。一般的には20歳を境に量が増えてくると言われています。それはホルモンの働きが関係しています。卵胞ホルモンの働きが活性化するのが20歳前後であるため、そのタイミングで量が増えるのです。
おりものは生理の周期によっても変化していきます。排卵期に差し掛かると、透明なゼリー状のおりものになります。一方で、色が黄ばんでいたりすると何らかの感染症の疑いがあります。こういったおりものの基礎知識とご自身の状態を照らし合わせ、必要に応じてクリニックで診察を受けるように心掛けましょう。