正常な場合と異常な場合|おりものが臭いを発する原因と対策方法について

おりものが臭いを発する原因と対策方法について

正常な場合と異常な場合

困る女性

おりものと密接に関わる物質として卵胞ホルモンというものがあります。この物質の分泌により、おりものの量が増えることがあります。そのタイミングは、生理の前後や排卵時とされています。ここでおりものの臭いのメカニズムについて確認しましょう。おりものの臭いを誘発する物質として取り上げられるのが「デーデルライン桿菌」というものです。
デーデルライン桿菌は膣内に存在する乳酸桿菌の一種であり、デーデルライン桿菌の働きによって膣内の環境が正常に保たれるのです。おりものの臭いとして正常な臭いは、すっぱいような臭いとされており、その臭いは下着に付着して乾いた時に発生することがあるとされています。
一方で、正常でない臭いというものが存在します。それは、雑菌の繁殖により起こるとされています。陰部にある汗腺としてアポクリン腺というものが存在します。この汗腺は脂質やタンパク質を含む汗を排出しますが、この汗と菌が反応することにより不快な臭いが発生することがあります。こういった臭いはおりもの自体というよりも、陰部に起因した臭いとされています。
また、おりもの自体の臭いが発生することもあります。それはデーデルライン桿菌の減少によって引き起こされます。デーデルライン桿菌は女性ホルモンのバランスが崩れることによって減少し、その結果として表面化する事象が臭いなのです。女性ホルモンの乱れはストレスや体調不良により引き起こされることが多いので、不安を感じたら体調をケアするよう心掛けましょう。